意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

母親

自分は以前広島に住んでいたのですが、

そこに住んでいたときだけ、

いろいろな怖い体験をしてきました。

その中でも一番怖かった話です。

確かその日は、小学校の運動会でした。

父と母は運動会を見に来てくれましたが、

お昼を食べた後にすぐに帰ってしまいました。

運動会が終わったのは5時位で、

疲れていたのですぐに家に帰りました。

自分の住んでいるマンションに帰ると、

家の中には誰もおらず、自分はすぐに部屋で寝てしまいました。

その後、洗面所のドライヤーをかける音で目を覚ました僕は、

母親がいる洗面所にいき、「きょうは疲れたなー」などと話をしていました。

すると父親がリビングのほうから、

「今日は外で食べに行こうか」と言っていたので、

僕は「お腹はすいてないから寝るよ」と言って部屋で寝てしまいました。

そのとき、母親が小さく舌打ちしたのを覚えてます。

その後、起きたのは12時位でした。

さすがにお腹がすいてしまった僕は、リビングに向かいました。

すると、洗面所から(ジャージャー)とドライヤーの音がしたので、

見てみると母親がドライヤーをかけていました。

3,4時間前と同じ光景でした。

僕は母親に「お母さんいつまでやってるの?」と聞くと、

「別にいつでもいいだろ、殺してやろうか」

他にも何か言っていた気がしますが、目は充血していて真っ赤で、

あまりにも怖かったので無我夢中で家族の話し声がするリビングへ走りました。

すると、リビングは真っ暗でテーブルに置いてある一枚の手紙に目が留まりました。

内容は半分くらいしか覚えてないのですが、こうでした。

「お帰りなさい。午前中しか居れなくてごめんね。 今日はあなたが帰って来る前に出かけちゃうから。おやつと晩御飯はキッチンに置いとくね。お腹がすいたら食べてね」

…その手紙を暗いリビングで読んだときは死ぬほど怖かったです。

そのすぐ後に家族は帰ってきたのですが、

母親に泣きながら飛びついたのは言うまでもありません。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

ん。。。

両親は午前中しか運動会にいれなくて、夜12時過ぎにかえってきたのかな。

となると、ドライヤーをかけっぱなしにしていたお母さんや「殺してやろうか」といった両親は一体誰だったんだろう??

意味がわからない・・そして全然怖くない・・苦笑

扉つきの物入れ

私の家の廊下の突き当りが袋小路になっていたのを、

定年になったばかりでヒマを持て余している父が

「スペースがもったいないので物置にする。」

と言い出して、一人で工事しはじめました。

何かに取りつかれたように父は作業をし、

わずか一日で上下二段で扉つきの物入れが出来ました。

翌日家に帰るといるはずの父が見当たらなく、また物入れの作業中かと思い

廊下へ出てみると物入れの扉には新たに南京錠が取りつけてありました。

結局、その日父は帰ってこず翌日の晩になりました。

不安になった母に物入れのカギを壊して中を見てくれとせがまれ、

私も父がカギをつけてまでしまいこんだ物が気になり、

丁寧に南京錠の掛っている金具ごと取りはずしました。

中には薄ら笑いでうつろな目をしている父が体育座りでこちらを向いてました。

今日も父は物入れの下段に入りこんで、楽しそうに宙を見ながら笑っています。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

というか誰が南京錠を掛けたんだろ・・・

外からしか掛けられないよね・・・

心の底から望んでいる願い

「どんな願いでもかなえてやろう。ただしひとつだけ、な」

と魔神は言った。

ひとつだけ、か……。

富。

いや、名声。

いや、美女。

いや、絶対権力。

いや、不老不死。

いや、世界平和。

いや、究極の快楽。

いや、宇宙の真理の解明。

いや、悟り。

いや、時間旅行。

いや、超能力。

いや、他の生物に生まれ変わる。

いや、なんか漠然と「最高の幸福」。

いや、 ……だめだ、決められん!

悩んだ末、おれは魔神にこう頼んだ。

「今挙げた中で、おれが本当に心の底から望んでいる願いをかなえてくれ!」

「わかった。それでいいんだな」

魔神はそう言って消えた。

それから一年。

いまだにあの時かなえられた願いが何だったのか、よくわからない。

もうすぐ戦争が始まる……。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

・・・いや、世界平和。いや、・・・

が「世界平和、嫌」と聞こえたのかもしれないね。

こじ付け感がいっぱいだ・・・

不審な着信

残業していた俺に部下の女性が青ざめた顔して、

携帯を見せた訳がわからずいると、

いま家から携帯に着信が入ったの怖いから家まで付き合ってと言ってきた。

一人暮らしで家には誰もいない、なのに着信が入ったらしい

怖がってる部下を放ってもおけず、一緒に部屋まで行った。

部屋に付くと電気は消えていた、

俺が鍵を開け恐る恐る中に入って電気を付ける

トイレやクローゼット、ベッドの下等確認、誰もいなかった。

部屋も整理されていておかしな所はなく、

緊張が取れよく見ると女性の一人暮らしらしい

小奇麗で良い匂いのする部屋だった。

安全を確認して部下に連絡して部屋に来てもらう。

警察に連絡する?と言うと大げさにしたくないから止めときます、

何かの拍子に電話機のリダイヤルが働いたのかも知れないし。

○○さんご飯まだでしょ、よかったら作りますから一緒に食べませんか?

一人じゃまだ怖いし…。

怖がってる女性を一人にするのも悪いし、

せっかくご飯を作ってくれるって言ってるし

妻とは別居して外食やコンビニ弁当にも飽きたし、

などと自分に都合のよく考えご馳走になる事にした。

その日は食事をして、

まだ怖いと言うので深夜まで話をして帰宅した。

それから暫くして部下は突然退職、

そして妻から離婚調停の知らせが

俺の浮気が原因だそうだ、証拠もあるらしい。

この時初めて気が付いた、、、

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

これは幽霊というよりは社会的な話で怖い話ですね。

この「部下」は別居中の妻にでも頼まれて、離婚の原因を捏造するためにこの語り手を部屋に呼び、深夜までいさせたわけですね。 実際は「不審な着信」の相談を受けて、深夜まで女性宅にいた(いさせられた)わけですが、外から見ると浮気しているように見えますもんね・・・

怖い。 ただひたすらに怖い・・・

土間の縁側の下

タクシー運転手の奥さんが、

まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。

父親は仕事ででかけている時間が長く、

そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、

深夜になっても帰ってこないのものだから、

親切で面倒をみていた隣人もさすがにしびれを切らして、

子どもをひとりの家に帰してしまうことも多かった。

子どもは寂しくて、父親が帰ってくるまで、

親の名を呼んで泣いていたそうだ。

ある晩、子どもの泣き声がぴたっと止まり、笑い声が聞こえてきた。

隣人は、「ああ父親が帰ってきたのだな」と納得したのだけど、

そのしばらくあとに父親の帰宅する音が聞こえてきて、

「父ちゃんおかえり」と子どもが出迎えている。

そうした夜が何晩かつづいて、不審になった隣人はある晩、

子どもの様子をみにいった。

子どもは、暗い部屋でひとりで喋っては笑っている。

その様子が、だれかと話しているもののようなので、

翌日、父親にそのことを話した。

父親は、子どもに毎晩だれと話しているのか、とたずねた。

「母ちゃんだよ。おいらが寂しくて泣いてると、母ちゃんがきて、

だっこしたり、頬ずりしたりしてくれるの」

「それで母ちゃんはどっから入ってくるんだ?」

子どもは、土間の縁側を指さした。

「あの下から、にこにこしながら這ってでてくるよ」

それから父親は仕事をかえて、早く帰宅するようになったそうだ。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

死んでしまったお母さんが子供を心配して出てきているのですね。 うーん、いい話だなぁ・・・ ほのぼの。

と思いきや ・ ・ ・

なんで土間の縁側から出て来るんだ??? もしかして殺されて埋められているの??

天国に一番近い秘境

フリーライターの俺は、今、アフリカの某所に来ている。

今回の取材のテーマは「天国に一番近い秘境」。

カタコトの日本語を操る現地人通訳と2人で、

山奥の村に向かっているところだ。

俺たちが村に着くと、ガリガリに痩せた村人たちが出迎えてくれた。

日本人が珍しいのか、それとも元来陽気な性質なのか、

まるで祭りのような彼らの歓迎ぶりが妙に気恥ずかしい。

長老らしき爺さんに挨拶を済ませた俺は、ある小屋へ案内された。

ここは、風呂…だろうか。

長旅の疲れを取ってくれ、ということか。素直にありがたい。

通訳がニコニコしながら言う。

「オ湯、入タラ、ゴ馳走、ナリマス」

風呂の後には宴会か、そりゃあいい。

俺は上機嫌で、薬草のようなものがたくさん浮かぶ湯船に飛び込んだ。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

このフリーライター自体がこの村のご馳走になってしまうんですね・・・

薬草が浮かぶ湯船って、、スパイスが入った鍋のよなものだよねきっと・・

せめて天国に行けるといいね!

転んだら死んでしまう村

「転んだら死んでしまう村」の夢を見たことがありますか?

これは共通夢といって誰でも一生のうちに一度はみる夢だそうです。

ほとんどの人は夢を見てもその内容を忘れてしまうので記憶に残ることは少ないですが、

この夢に関しては全国から数多くの共通の証言が上がってます。

舞台は夕暮れ時の農村で、そこら中に青紫色に変色した死体が横たわっている。

しばらくすると着物を着た数人の少女が近寄って来て、

「ここは転んだら死んでしまう村なんだよ」と説明があった後、

少女の中の一人が死体につまづいて転んでしまう。

少女は絶叫をあげながらみるみる青紫色に変色していき、

やがてピクリとも動かなくなる。

ここから先は内容に個人差があり

「追いかけてくる少女たちからひたすら逃げ回った」とか

「少女に竹馬を渡された」とか

「何事もなく目が覚めた」など様々な証言がある。

しかし不思議なことに「夢の中で転んでしまった人」からの証言は一つもない。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

「夢の中で転んでしまった人」からの証言は一つもない ということは・・・

夢の中で転んでしまったら、本当に死んでしまうのかもしれないね。 死んでしまうから証言が一つもない(死んでしまっては証言することもできない)のかな・・

そんな夢見たくないねー・・・