読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

「殺戮にいたる病」を読んでみた

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

と…。

これも最近読んだんだった。


言わずと知れた名作かつ迷作 我孫子武丸さんの「殺戮にいたる病」。

【意味がわかると怖い話】を収集しているからか、叙述トリックに興味があって、読んでみたのですが、

素直な感想は、

「うーん…なるほど。」(一言に尽きる)



正真正銘の叙述トリックってこんなかんじなんだな。というのがまずは大きく感じた印象です。

いろいろなパーツがからみあって最後にドーンていう痛快なお話を想像してたんですけど、
なんとなく、わかってしまえば「あ…そういうことか」というような"内緒の要素"をお話し中に必死に守りながら巧みに構築されているといいますか、なんかせこせこ一生懸命に作られたドミノ倒しを見させられているに近いかんじ。


ふむふむ。

今度はもう一つの好きなジャンルの「伏線」回収まくりの小説を読んでみよう。

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)