読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

足はいらんかね

ある日の放課後、

下校途中の男の子が奇妙な老婆が話しかけられた。

「足はいらんかねー、足はいらんかねー」

男の子は無視して通り過ぎようとするが、

老婆は思ったよりもしつこく

「足はいらんか〜足はいらんか〜」

と繰り返し問いかけてくる。

「足なんて、いりませんよ!」

男の子はうっとうしそうに語尾を荒げて断った。

「ぎゃー!」

夕方の街角に絶叫がこだました。

その声を聞いて、駆けつけた人々は息を呑んだ。

そこには、足をもがれた男の子がうずくまっていた。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!

意味がわかると怖い話 解説

解説

「足はいらんかねー」と聞かれること自体ありえないとは思うんだけど、「足なんて、いりませんよ!」という言葉が「自分に今ついている足も要らない」ということになってしまったんですね。

まぁ初級ということで。