読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

ストーカー

今日もまた上司に怒鳴られた。 OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。

「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」 そんなことを考えつつ帰宅した。

家といっても、たった二部屋しかないボロアパート。 リビング+キッチンと寝室だけ。 窓もリビングにしかない。安いから良いけど。

玄関の鍵を開けて部屋にはいると、びっくりした。 リビングにあったタンスが荒らされていた。

そういや、朝食を食べに出た時に鍵をかけ忘れて、そのまま出勤したんだ……

くそっ!窓は全部鍵が掛かってるから、 玄関から入られたんだろう。あー気持ち悪い。むかつく。死んで欲しいと思う。

もう今日は疲れた。晩ご飯はいいや。警察には明日届けを出そう…

私は玄関の鍵が閉まってるのを確認し、寝室に向かった。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!

意味がわかると怖い話 解説

解説

いやいやいやいや・・・

玄関の鍵をかけ忘れて出かけたのに、「玄関の鍵を開けて」ってやばくないか? 誰かが中に侵入して「内側」から玄関の鍵をかけている。窓の鍵もきちんと掛かっていることから、その犯人は外に出ていないで、まだアパートの部屋の中にいることになる・・・・

何にも気づいていないんだね。怖い・・・

というかストーカーをわざわざハゲっていう意味ある?