読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

先生からの電話

ぼくは、学校を休んだ。

腹痛がひどいからだ。

でもうちは死ぬほど貧乏で、薬さえない。

暖かい何かを飲もうと思っても、火が使えない。

先生から電話があった。

「もしもし、早く学校へ来なさい」

「…、」

でもぼくは、腹痛がひどく、行けない。

「行けない」

そういうと

「何を言ってる、約束はどうしたんだ、俺達は今学校へいる。校庭に出てる。来い」

内容が少し、おかしいと思った。

しかも、話し方も。

学校に30秒ほどで行ける場所にあるぼくのマンション。

窓から校庭を見てみた。

次の瞬間ぼくは電話を切り、窓のカーテンを閉め、公衆電話へ走った。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

火が使えないほど貧乏ということは、多分電話も使えないだろう。 そんな貧乏という状況があるのかな、とは思うけど。

それでも先生から電話が来たということは、そもそもその時点で普通の状況ではない… ここからは少し飛躍しますが、先生は死んでいて、先生の霊が語り手に電話を掛けてきたと。

校庭を見ると先生の死体が見え(俺たちと言っているから、生徒も巻き添えなのかな…)、家の電話は使えないので公衆電話に向かい警察署にて電話をしようとしたのかな。

最後に残る謎の約束だけど、「死ぬほど貧乏」ということなのど「死ね」ととることもできる。

うーん…結果的にあまり怖くないですね…。