読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

天国に一番近い秘境

フリーライターの俺は、今、アフリカの某所に来ている。

今回の取材のテーマは「天国に一番近い秘境」。

カタコトの日本語を操る現地人通訳と2人で、

山奥の村に向かっているところだ。

俺たちが村に着くと、ガリガリに痩せた村人たちが出迎えてくれた。

日本人が珍しいのか、それとも元来陽気な性質なのか、

まるで祭りのような彼らの歓迎ぶりが妙に気恥ずかしい。

長老らしき爺さんに挨拶を済ませた俺は、ある小屋へ案内された。

ここは、風呂…だろうか。

長旅の疲れを取ってくれ、ということか。素直にありがたい。

通訳がニコニコしながら言う。

「オ湯、入タラ、ゴ馳走、ナリマス」

風呂の後には宴会か、そりゃあいい。

俺は上機嫌で、薬草のようなものがたくさん浮かぶ湯船に飛び込んだ。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

このフリーライター自体がこの村のご馳走になってしまうんですね・・・

薬草が浮かぶ湯船って、、スパイスが入った鍋のよなものだよねきっと・・

せめて天国に行けるといいね!