読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

吊橋が倒壊

俺はど田舎に住んでいて

夜10時ごろに電灯も無い吊橋を渡って、

歩いて10分ぐらいのところにある

タバコの自販機へ向かった。

タバコを買い終えると偶然音信不通だった友達に会い、

「久しぶり!」と20分ほど立ち話をしてから帰った。

翌日、テレビを見ると 地元のテレビ局でニュースをやっていた。

「昨日、吊橋が倒壊し…死亡…身元はまだ… 死亡推定時刻は午後8時〜9時」

テレビ画面には俺が昨日渡った吊橋が映し出されていた。

意味はわかりましたか?

下記で解説をチェック!



意味がわかると怖い話 解説

解説

吊り橋が倒壊したのは午後8時〜9時頃なのに、語り手は「夜10時ごろに」電灯も無い吊橋を渡った。 本来であれば、吊り橋を渡ることはできないのに。

音信不通だった友達が実は幽霊で、その倒壊した橋を渡らせてくれたのかもしれないね。

イイハナシダナー・・・

もしくは、この語り部も実は死んでしまっていて、この音信不通の(死んでしまっている?)友人と会ったという話なのかな。