読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

アパートのドア

俺が住んでいるアパートのドアは立て付けが悪い。

バネの部分が壊れ、音もなく閉まる。

ある日の0時過ぎ、俺はそろそろ寝ようと思い、 電気を消し、布団の中に潜った。

俺はあまり寝付きが良い方ではなく、 布団に入って眠りに落ちるまでだいたい30分はかかる。

その間何度も寝返りをうった。

目覚ましの時計の針の音が耳に障る。

うとうとしかけた時、外でこつこつとハイヒールの音がした。

距離にして俺の部屋ふきんで止まった。 

その後、ノブをゆっくりまわす音が聴こえた。

深夜ということで他の住人に配慮したのだろう。

今日の夜は本当に空気が澄んでるのか、よく音が通る。

虫の小さな鳴き声までよく聴こえてくるのだから。

その音色を聴いて思い出した。

玄関先にある庭の草がぼうぼうだ。

今度管理人にいって刈ってもらおう。

「住人が帰ってきたんだな。こんな遅くまでご苦労なこった」 うとうとしていた所を邪魔され少しばかりイラっとしたが、 俺は再び眠りにつくよう努めた。

それから数分ぐらい経っただろうか。

またノブをゆっくりまわす音が聴こえた。

「こんな時間にまたどこか行くのか?」 まあ俺にはどうでもいい事だ。

明日も早いし、さっさと寝よう。

それから俺は身じろぎ一つせず、 布団の中でどうすべきか考えていた・・。

時計の針の音が恐怖心をさらに煽る。