読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

宝石

ある所に、Aさんという女性がおりました。

Aさんはある日、鬱蒼とした森で、綺麗な宝石が売られていたのでつい、買ってしまいました。

ところが、その日からAさんは、具合が悪くなってしまいました。

何かがおかしいと感じたAさんは、その道に詳しいベテランに相談しました。

ベテランは言いました。

「それは例の迷惑な魔物が大事にしていた宝石だよ。それには呪いがかかってるんだ。所有者をどんどん不幸にして、あげくの果てには命を奪ってしまう、というとんでもない呪いだよ。」

「なんですって!早く、他人になすりつけなくては!」

Aさんは最悪なことを考えて、親友のBさんの家に急ぎました。

そして、Bさんと世間話しをしながら、Bさんが目をそらした隙に、こっそりタンスの奥にその宝石を忍ばせてきました。

…数日後。

Bさんは、タンスの中に見慣れない綺麗な石を見つけたので、きっとこれは綺麗なもの好きのCさんが忘れていったものだと勘違いし、

Cさんに合った際に、親切心から、Cさんの鞄の中に入れてきました。

さて、Cさんは鞄に見慣れない宝石が入っていたので、怖くて近所の川に捨てました。

………それからだいぶ経ちました。

結局、呪いをまともに受けたのは誰だったのでしょうか。