読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

おうちに帰りましょう

最近ボクは毎日たけるくんと公園で遊んでいます。

砂場で山をつくったり、トンネルをほったりしていると、

あっというまに時間がたちます。

夢中であそんでいると、学校のチャイムの音がきこえてきました。

「あ。休み時間が終わっちゃう」と、たけるくんが言いました。

ボクが笑いながら「だいじょうぶだよ。まだまだ休み時間はあるよ」というと、

たけるくんも「そうだね」といって、ふたりで笑いました。

ボクたちは、もう学校のチャイムを気にする必要なんてないのです。

またしばらく遊んでいると、

公園のスピーカーから「夕焼けこやけ」が流れてきました。

「5時だ」うす暗くなってきた空を見上げて、たけるくんがいいます。

スピーカーからも「5時になりました。おうちに帰りましょう」と聞こえてきます。

「おうちに…帰りましょう」と、たけるくんがつぶやく。

「ダメだよ。今日は残業の日なんだから」ボクがそういうと、

たけるくんは小さくうなづきました。

すっかり暗くなってしまった公園で、ボクたちはだまってブランコをこぎました。

そうして2時間ほど遊んだあと「また明日」といって手をふって、

たけるくんにさよならを言って家に帰りました。

家に帰ると、妻が青い顔で言いました。

「あなた。同僚の鈴木さんが、ついさっき自殺したって連絡が…」