読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

不思議な箱

俺は、人の余命が少し分かるという、不思議な箱を持っている。

と言っても、そんなにすごいものではない。

路地で怪しい商品を販売している男から、面白半分で買ったものだ。

見た目は小さな木箱で、蓋を開けるとデジタル時計のセグが2ケタだけ書かれている。

そのセグは、何もしなければ全て点灯した状態になっている。

しかし誰かに向けてこの木箱をかざすと、セグの表示が変わってデジタル数字を表す。

これは、その人の余命を「分」で表した場合の下2ケタの数を表しているのだ。

例えばこの木箱を誰かにかざしたとき、セグが「32」と点灯したとする。

この場合、その人の余命は32分か、132分か……あるいは100万32分とか、もっと多いのかも知れない。

だから、結局これは暇つぶし程度にしか役に立たない。

今日、海外出張で飛行機に乗り、長いフライトの暇つぶしにこの木箱をいじっていた。

蓋を開け、何の気なしに適当な乗客に木箱をかざしてみる。

ところが、おかしなことにデジタル表示が変化しない。

日本人も、外国人も、誰にかざしても表示がぴくりとも動かないのだ。

ついに壊れたかと思いながら、俺は木箱の蓋を閉じようとした。

その瞬間、数字が「87」と点灯し、

俺はこの木箱が壊れていないということに気づいた。