読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

生まれつき目が見えない姫

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。

さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。

不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに

侍女や家来に、姫が絶世の美女であるかのように接するよう命じました。

チヤホヤされることにより自分の中で美女として生きてほしかったからです。

姫の20歳の誕生日、盛大なパーティーが開かれました。

パーティーに来た魔法使いが、

姫の成人を祝して何かひとつだけ魔法を使いましょうと王に申し出ました。

王は困ってしまいました。

目が見えないこと以外、何不自由ない姫の一番の願いは

当然目が見えるようになること。

しかしその願いをかなえてしまうと醜い自分の顔を見て、

さぞかしショックを受けるでしょう。

なにより今までついてきた嘘がばれてしまいます、

王は姫に嫌われたくないのです。

王は悩んだ末、姫が2番目に望む願いをかなえるよう魔法使いに頼みました。

王「さぁ、おまえの2番目に望む願いはなんだ」

姫「私が2番目に望む願い、それは目が見えるようになることです」

王「馬鹿な!それはお前がもっとも望む願いであろう!」

姫「いいえ、私がもっとも望む願い、それはこの醜い顔を美しくすることです」