読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

こたつの中

茜は雄一に電話した。

「…あ、もしもし雄一?」

「茜?なんだよこんな時間に…。もう10時だぞ?」

「ごめん。声聞きたくなったの」

茜は雄一の彼女だ。

……いや、今となってはもう彼女というよりストーカーに近い。

きっかり1時間おきにかかる電話、休みの日には必ず一緒に遊ぶ…

雄一はウンザリしていた。

「あのね、今から言うこと絶対声に出さないでね?」

「なんだよ急に…お前いい加減にしろよ?」

「わかってる。でも絶対声に出しちゃダメよ?」

「ソレはわかったよ。で、何?」

雄一はテレビのリモコンをいじりながら、こたつの中に入った。

「実はね、昨日雄一の家に遊びに行った時にこたつの中に変な男がいたの…。

雄一、昨日から一回も外でてないでしょ?だから心配になって…」