読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

子供の頃

子供の頃じわじわ、っていうかもんもんした話。

ただの妄想かもしれない。

子供の頃、私は男だった。

男の名前があって、男子トイレに入ったりして、

「あなたは男の子だからパパとお風呂に行きなさい」

って母に言われたり。

クラスで一列に並ぶ時も男子の列。

写真もある。

中学生以前の私の写真は一切ないんだが、アルバムの中の家族写真にそれが重ねられて入ってた。

唯一の小さい頃の私の写真。

頭を丸めて、短パンにランニングで満面の笑みを浮かべる私。

両方の頬にあるえくぼと、右の太股にある黒い痣は彼=私である証拠だと思う。

顔立ちも同じだし。

中学生になった時、急にセーラー服を着せられたり女として扱われたりして、男じゃなくなった。

名前も女の子らしいのに変わってた。

なんかその辺がよくわからん。

体が女で心も多分女だし、今は女なんだと思うけど

昔男の子みたいに扱われてた理由がわからない。

家族に聞いても「さあ?」って感じで。

子供にありがちな空想というか、記憶の改変みたいなものなんだろうけどさ