読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

思春期

父と母が別居したのは、私が中学に入る頃。

別居した父は、隣町にある小さめのマンションを借りて一人暮らしを始めた。

別居の理由はわからない。

父のマンションは中学から歩いて行ける距離だったので、私は週に一度、たいていは金曜日に学校帰りの訪れて、そのまま父の部屋に一泊していた。

父のことは好きだったし、父が仕事から帰るまでの間、自由に一人で過ごせるのも魅力的だったからだ。母も止めはしなかった。

その日は創立記念日で中学は休校だった。

特に予定もなかったから、少し悪戯心が働いて、私は朝から父のマンションへ向かった。

朝から父の所に行くのは初めてで、ちょっとドキドキした。

鍵が空いてて、無用心だなと思いつつ中に入った。何故かいつもと雰囲気が違う。

朝だからだろうか。寝室を覗くと差し込む日差しが眩しくて、よく見えない。

見知らぬ下着姿の女が父のベッドで眠っていた。

誰、この女の人。まさか、父の不倫相手?。信じられなかった。

別居の理由はこの女かもしれない。きっとそうだ。

パニックになった私は、近くにあった重い灰皿で女の頭を何度も殴った。

汚らわしくして耐えられなかった。女はすぐに動かなくなった。

我に返り、怖くなった私は逃げ出した。

それから父の元へは行かなくなった。父が犯人となり逮捕されるかもと思ったが、不倫する父など逮捕されればいいとも思った。

怖くてニュースは見られなかった。怯え続けて数か月、母から父が寂しがっているから一緒に会いに行こうと言われた。迷ったけれど、やっぱりあの女の事が気になり、母と一緒に父の部屋に行った。

父は以前と変わらず、元気そうだった。

もしかしたら、あの日のことは夢だったのかもしれないと思った。

そろそろ帰るかという頃、覗きこんだ寝室に射し込む夕日を見て、私は、とんでもない事をしてしまったことに気が付いた。