読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味が分かると怖い話

コピペにコピペを重ねてネットに拡散された「意味がわかると怖い話」シリーズを集めています。

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」

低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。

100年か?いっそのこと永遠か?

しかしいきなり聞かれても困ってしまう…

「さっさと起きて、ごはん食べに来なさい!」

母親の声に起こされた。やっぱりあれは夢だったのか。

「あと10分だけ…」

剥ぎ取られかけた布団を引きずり戻す。

「そうか。分かった」

それは明らかに母のものではない声だった。